麻雀の基本ルール

ゲームの目的
麻雀ゲームの目的は、牌を集めて役を作り上がることです。プレイヤーは自分の順番が来たら山(壁牌)の端から牌を1枚取得し、続いて不要な牌を1枚捨てます。以降、順番に自摸および打牌を繰り返し和了(上がり)を目指します。いずれかのプレーヤーが和了すると局は終了となります。


麻雀牌には全部で144枚の牌があります。数牌には、索子(ソウズ)、萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)と呼ばれる数牌が3セットあり、それぞれに一から九までの番号が振られています。各牌は4セットあります。懸賞牌と呼ばれる、三元牌や風牌もあり、三元牌は 白(ハク、しろ)、發(ハツ、あお)、中(チュン)と呼ばれます。風牌は、東(トン、ひがし)、南(ナン、みなみ)、西(シャー、にし)、北(ペー、きた)と呼ばれます。各三元牌は4セット、各風牌は4セットあります。大半のルールでは、4セットの季節牌と花牌も採用しています。

ゲームの流れ
牌の要求(鳴き

局の開始にあたり、プレイヤーにはそれぞれ13枚ずつ牌が配られます。各プレイヤーにはゲーム中に座っている場所を意味する風(東家、南家、西家、北家)が割り当てられます。まず親である東家が山(壁牌)から牌を1枚引きます。続いて、親から反時計回りの順に各プレイヤーが山から牌を1枚引き、手元から不要な牌を1枚捨てます。一定の条件を満たしている場合、他のプレーヤーが捨てた牌を要求することも可能です。この場合、次は牌を要求したプレイヤーの右側のプレイヤーの番となるため、その間にいるプレイヤーの順番はスキップされることになります。
プレイヤーの手元には、常時もしくは上がりが宣言されるまで13枚の牌が配牌されていることになります。(和了(上がり)時には、14枚の牌が手元にあります)。
複数の局で構成されるゲームでは、場風が採用されます。ゲームは1~4ラウンドで構成され、各ラウンドで場風を使用します(東家から開始)。各ラウンドにおいて、各プレイヤーは各風で1回以上プレイします(このルールが適用されないルールもあります)。つまり、東家が南家になり、南家が西家になるというように全員が東家でプレイするまで交代します。ラウンドが終了した時点で、場風は変更となり(東→西→南→北)、新しいラウンドが始まります。場風は卓の中央に表示されます。

牌の要求(鳴き)

  • プレイヤーは、自分の左側(牌の取得を申し出たプレイヤーが次の番の場合など)のプレイヤーの打牌を要求して、チー(同じ模様の数字が続いている牌を3枚1組にする)を宣言します。
  • プレイヤーは他の3人のプレイヤーの打牌を要求して、カン(同種の牌4枚)やポン(同種の牌3枚)を宣言します。
  • プレイヤーは他の3人のプレイヤーの打牌を要求して、上がりを宣言します。

あるプレイヤーの打牌に対し、他の複数のプレイヤーが鳴きを要求した場合、優先順位は次の通りとします。

  • 上がり
  • カン
  • ポン
  • チー

2人のプレイヤーが同じ手で打牌を要求する場合、次の番が回ってくる方が早いプレイヤーが優先されます。

鳴くことは必ずしもよい選択ではありません。たとえば、上がったときに鳴いていない役の組み合わせ(面子)の方が、鳴いた手よりも価値が高くなります。

麻雀の役
通常一つの役は3枚1組のグループ4つと2枚1組の雀頭から成ります。面子には、同じ模様の牌を3枚1組にする刻子、同じ模様の牌を4枚1組にする槓子、同じ模様の数字が連続する順子があります。ルールごとに、上がりを可能にしたり、通常よりも高い点が得られる特殊役がいくつもあります。また、多くのルールで上がりを宣言するための必要条件を別途規定しています(詳細は以下参照)。

点数
役に対する得点は2つの手順で算出されます。まず、面子の組み合わせにより符が付きます。上がりの場合も、通常は符が付きます。付与される点数、符が与えられる面子はゲームルールにより異なります。
次に、ゲームルールにより定められた役に対し、飜(「ファン」または「役」と呼ばれる)が付きます。飜には、パターンごとに点数が異なり、1飜付く毎に符が倍になります。符と飜の2つを合わせた得点が点数となります。
ルールセットの中には、点数が適用されず飜の数だけがカウントされるものもあります。

トーナメントでの点数
トーナメントラウンドが終了するごとに、プレーヤーの得点に応じてテーブルポイントが付与されます。一番高い得点を取得したプレイヤーには4テーブルポイント、2番目のプレイヤーには2テーブルポイント、3番目のプレイヤーには1テーブルポイントが付与されます。

清算
ゲームが終了した時点で、プレイヤー間で賭け金が分配されます。各卓の清算方法は、ゲームプログラム内インフォメーションボックスに表示されています。清算方法の種類は次の通りです。

勝利者が掛け金の全額を獲得
ゲームによっては、一番高い得点を取得したプレイヤーが賭け金全額を獲得します。賭け金とは、ゲームに参加するプレイヤー全員からの買付金の総額を指します。和了牌を捨てたプレイヤーが追加金を支払うという、フィーディング ペナルティが適用される場合があります。和了牌を捨てたプレーヤーは、牌を捨てていない他のプレーヤーより、負担が重くなります(フィーディングペナルティは、牌を捨てたプレーヤー以外の人数で割って算出されます)。

リーチハウスルール
リーチハウスルールを採用するゲームでは、ゲーム終了時点の持ち点に応じてプレイヤー間で賭け金を分配します。つまり、ゲームの終了時点で勝利したプレイヤーが70.000ポイント、残りの3人のプレーヤーがそれぞれ1.000ポイントを獲得している場合、勝利者が賭け金の70%を獲得し、残り3人で10% ずつを分配することになります。また、順位別ボーナス(ウマ)が適用されます。これは、最下位のプレイヤーが1位のプレイヤーにある一定の金額を払い、3位のプレイヤーが2位のプレイヤーへそれより小額の金額を払うというルールです。
詳細はゲームプログラム内トーナメントインフォメーションボックスをご参照ください。

香港ハウスルール
リーチと同様にハウスルールを適用した清算が行われますが、順位ボーナス(ウマ)はありません。

トーナメント
保留された金額(+運営側により追加された金額)はテーブルポイント合計にプレイヤー間で分配されます。分配方法はトーナメントにより異なりますが、通常参加者数によって決まります。詳細はゲームプログラム内トーナメントインフォメーションボックスをご覧ください。

買付
買付は、手数料と賭け金から成ります。手数料は場所代となり、賭け金は勝利者間で分配されます。手数料は、通常トーナメント戦のみで適用されます。
買付は、/ と表示されます。ゲーム開始時にプレイヤーのアカウントから保留される金額は最大の損失額であり最大獲得金額でもあります。最大損失額を全額失うことはまずありません。特に、リーチ東風戦と半荘戦ではごく稀です。
一局清算では、ゲーム開始時に買付およびフィーディング ペナルティがプレーヤーのアカウントから保留されます。和了牌を捨てたプレイヤーは、保留されている金額の全額を支払います。
ハウス清算ルールを採用しているゲームでは、買付と順位ボーナスの最高金額(適用される場合)が保留されます。ゲーム終了時点で得点が1番低いプレイヤーは、保留金額の全額を支払います。
トーナメント戦では、賭け金と同等の買付と手数料が必要です。手数料はトーナメント戦では一般的ですが他のゲームタイプではほぼありません。

用語集

引く 山から牌を1枚引きます。
捨てる 手元の牌から、引いたばかりの牌か手元にあった不要な牌を1枚捨てます。
鳴く 他のプレイヤーの打牌を要求します。ポン、上がりの場合には、他の3人のプレイヤーの打牌を要求できます。チーの場合、左側のプレイヤーが捨てた牌のみ要求できます。
宣言/面子 鳴く場合、そのプレイヤーはその牌を取得することでそろう面子をテーブル上で牌を見せて宣言する必要があります。カンをする場合も同様に、他のプレイヤーに牌を見せる必要があります。
門前 宣言の行われていない麻雀牌や手を指します。
手持ちの麻雀牌 手持ちの麻雀牌を指します。
刻子 同種の牌3枚。
槓子 同種の牌4枚。
順子 同じ模様の連続する3枚の牌。
飜/役 特定の牌の組み合わせ。ほとんどのルールで上がる際に最低1飜必要です。役の種類により、プレイヤーの点数が2倍になります(ルールによる)。
手元にある面子や組み合わせにより与えられるポイント。
手持ち点 飜成立後の、最終的な手持ち点を指します。
各プレイヤーの前に並べられた牌を指します。
フリテン 自分の捨てた牌の中に、上がりとなる牌が含まれている状態を意味します(リーチ麻雀でのみ適用)。
リーチ プレーヤーは門前自摸の状態で上がりの一歩手前になった時点で、対戦相手にリーチを宣言できます。リーチをかけると1飜の役がつくことから、リーチを宣言するプレイヤーは賭け金に1,000点を追加しなければなりません。リーチ宣言後は、「ツモ上がり」または「ロン上がり」するか、他のプレーヤーが上がるまでゲームが続行されます(リーチ麻雀でのみ適用)。
テンパイ 和了に必要な牌が残り1枚となった状態のことを指します。和了形を完成させるには、特定の3枚の牌の組み合わせ(面子)を4組と、同一牌2枚の組み合わせ(雀頭)を揃える必要があります(リーチ麻雀でのみ適用)。

大勢のプレイヤーが参加し互いに戦うトーナメントには下記2つの種類があります。

mahjongclub.comでは、様々な入金オプションを提供しています。簡単に入金が行えます。
詳しくはこちら